スラムダンク奨学金1期生「並里成」NBA挑戦!Dリーグ畠山・高山も



9月に開幕するバスケットボール男子のBリーグは5日、米ニューヨークで14日に行われるNBA下部Dリーグのトライアウトに、前大阪で現在自由交渉選手の並里成と、畠山俊樹(新潟)高山師門(東京Z)の3選手が挑戦すると発表した。

今回、NBA下部Dリーグのトライアウトには、情報交換を続けているNBAから特別参加枠の提案を受け、各チームから参加者を募っていたという。

スラムダンク奨学金1期生「並里成」

Clw20rnVYAIu0Qi

出典:twitter画像

並里成は、「スラムダンク」の作者・井上雄彦は高校を卒業した選手のチャンスを広げたいと思って立ち上げた、スラムダンク奨学金制度の第一期生。

スラムダンク奨学金を利用して米国留学を経て、トップ選手として活躍中の並里成。目標はNBAの舞台に立つことですが、スラムダンク奨学金がなかったら、とっくに諦めていたかもと語っている。

スラムダンク奨学金とは

news_distribute_slamdunk出典:スラムダンク奨学金 公式サイト

大人気漫画「スラムダンク」作者・井上雄彦と集英社による、バスケットボール選手の為に設立した奨学金制度「スラムダンク奨学金」。

この「スラムダンク奨学金」の公式サイトには作者・井上雄彦によって桜木、流川、沢北の描き下ろしイラストが掲載されている。

「この作品をここまで愛してくれた読者とバスケットボールというスポーツに、何かの形で恩返しがしたい」

という井上雄彦の思いから設立。日本の高校を卒業後、アメリカの大学もしくはプロを目指して競技を続ける意思と能力を持つ選手を、アメリカのプレップスクールに派遣し、その間の学費や生活費を援助している。

スラムダンク奨学金 公式サイト






コメントを残す

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください