渡邉勇太がグリズリーズの一員としてデビュー!NBAの洗礼



日本の選手として田臥勇太(38=現・Bリーグ栃木)以来、14年ぶり2人目のNBA入りを目指している
渡辺雄太(23=2メートル6、89キロ)が5日、テネシー州メンフィスのフェデックス・フォーラムで
行われたプレシーズン・ゲームのホークス戦に、グリズリーズの一員として出場。
同チームのユニフォームを着て初めての実戦で、第4Qの4分40秒にベテランの
オムリ・キャシピ(30=2メートル、102キロ)に代わってコートに登場した。

最初はディフェンスでのプレー。ホークスのアレックス・ポイスレス(25=2メートル6、107キロ)との
マッチアップで、ゴール下ではカバー・ディフェンスに回ったものの、目の前でセンターの
マイルズ・プラムリー(30=2メートル11、113キロ)にダンクを叩き込まれた。

オフェンスでは味方のターンオーバーでなかなかチャンスをつかめず、
7分0秒と7分33秒に右45度から放った3点シュートはいずれもリングに嫌われて失敗。
結局“NBAデビュー戦”では7分20秒出場して無得点に終わった。

[紹介元] NBAまとめ! プレ2戦目 渡邉勇太がMEMの一員としてデビュー NBAの洗礼を浴び無得点も、歴史的な一歩

twitterの反応

渡邉勇太朗は練習でどうなのかは知らないけど実戦で一度も投げてないし 絵馬の言葉も「焦らずに自分らしく」だから怪我を治してる段階なんじゃないかね

現時点での一軍と二軍のデプスチャートを頭の中で作っているけど、今シーズン、二軍の先発は粟津凱士と5月or6月以降、渡邉勇太朗の2人を「育成強化投手」として最優先で使って欲しい。更に本人がどうしても先発したいと言うのであれば、伊藤翔も加えて。

【補足】 この結果、東京PENGRIA(藤澤汐里/小野寺浩太)と 東京Goldilocks (渡邉壮子/樋口勇太)は、日本MDカーリング選手権出場が決まりました。 15:20からの3位決定戦、チーム山本(山本麻美/山本聖二)対チーム世田谷(鵜浦章乃/鵜浦一久) の勝者も日本MD選手権出場です。

【補足訂正 毎回申し訳ありません】 関東MDカーリング選手権 準決勝 12:10 東京PE:NGRIA(藤澤汐里/小野寺浩太) 対 チーム山本(山本麻美/山本聖二) チーム世田谷(鵜浦章乃/鵜浦一久) 対 東京Goldilocks (渡邉壮子/樋口勇太)  3位までが日本選手権出場

渡邉勇太朗(浦和学院)投手‼️ ・渡邉勇太朗のプロフィール ・渡邉勇太朗の出身中学校は? ・渡邉勇太朗の家族について ・渡邉勇太朗のグローブは? 渡邉勇太朗 浦和学院 高校野球 甲子園 #U18 #高校日本代表






コメントを残す

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください