NBAファイナル!レブロンの活躍もラストJRの勘違いで白星ウォーリアーズ勝利



NBAファイナル レブロンの神がかり的な活躍で届きかけた勝利は、JRの大ポカですり抜ける

試合はデッドヒート。
ティロン・ルー監督(41)は「いまだかつてあんな審判の判断は見たことがない」と語ったが、試合を左右する状況下で残り2分以内にペイント内で発生したオフェンス・ファウルに対してはビデオでチェックすることが許されており、このルールが適応されて判定は覆った。結局、デュラントは与えられたフリースロー(FT)を2本成功。ウォリアーズは再び104103と1点をリードした。

それでもキャバリアーズは粘り、ジェームズは残り32・1秒、ダンクに行くと見せかけたあとにダブルクラッチからレイアップを成功。すると今度は残り23・1秒にステフィン・カリー(30)が3点プレーを成立させて107―106とまたしてもウォリアーズが1点を勝ち越し、クライマックスは息詰まる大接戦となった。

ここから“世紀の勘違い”で試合はさらにもつれていく。残り4・7秒、キャバリアーズはジョージ・ヒル(32)がクレイ・トンプソン(28)からの反則でFTを得て1本目は決めたが、2本目はショート。このリバウンドをJR・スミス(32)がキープした。

ところが何を思ったのか、同点だったにもかかわらずスミスはリングから遠ざかり、ジェームズの指示を受けてあわてて右のコーナーにいたヒルにパスを出したがタイムアップ。勝ち越すためのシュートを放つチャンスがあったにもかかわらず、この“権利”を放棄してしまった。ルー監督は「彼(スミス)は1点勝っていると思ったのだろう」と淡々と語ったが、ファイナルという大舞台では過去に例を見ないボーンヘッド。集中力を欠いたスミスの“勘違い”が試合の流れを変えてしまった。

[紹介元] NBAまとめ! NBAファイナル レブロンの神がかり的な活躍で届きかけた勝利は、JRの大ポカですり抜ける
[affi id=2]

獲得当初はレブロン、ボッシュ、ウェイドに次ぐ得点源として期待されてましたが怪我によりRS、PO共になかなか活躍できずどうなるかと思いましたが12年ファイナルのスリー7本、13年ファイナルの靴下スリーは本当に感動しましたね。彼も素晴らしいヒートファミリーです。

なんかなぁ。いよいよ個人的に1番好きなヒートとマブスのファイナルでまだ現役なの レブロン チャンドラー ぐらい? あとディショーンスティーブンソン?? マブスのファイナル結構活躍してた。 あの人あのシリーズでしか見たことないけどどーしてるんやろ🧐

チームもレブロン個人もボロボロの状態でイーストを勝ち上がってきて ファイナル初戦、敵地でこの活躍出来る選手が 歴史を振り返ってもどれくらいおるやろか

何年ぶりかの14-15NBAファイナル第6戦を観て。 私、実はこの一戦ちゃんと観たの1回しかないんじゃないのかな?って思えるくらい観入ってしまった。 イグダラの活躍、クレイのファウル、カリーの表情もさることながら、レブロンの個としての強さを全面に押し出した試合だった。

(こんな時にすみません。昨夜のス○シャの動画をあげてる人がいます。タグもつけて。相互フォローの方、伝えてください。有料放送です。最悪、今後エレカシを放送してもらえなくなるかもです。ファイナルの時、わ○わうの映像アップでかなり物議をかもしたんです。)






1 個のコメント

  • コメントを残す

    このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください