NBAファイナル!レブロンの活躍もラストJRの勘違いで白星ウォーリアーズ勝利



NBAファイナル レブロンの神がかり的な活躍で届きかけた勝利は、JRの大ポカですり抜ける

試合はデッドヒート。
ティロン・ルー監督(41)は「いまだかつてあんな審判の判断は見たことがない」と語ったが、試合を左右する状況下で残り2分以内にペイント内で発生したオフェンス・ファウルに対してはビデオでチェックすることが許されており、このルールが適応されて判定は覆った。結局、デュラントは与えられたフリースロー(FT)を2本成功。ウォリアーズは再び104103と1点をリードした。

それでもキャバリアーズは粘り、ジェームズは残り32・1秒、ダンクに行くと見せかけたあとにダブルクラッチからレイアップを成功。すると今度は残り23・1秒にステフィン・カリー(30)が3点プレーを成立させて107―106とまたしてもウォリアーズが1点を勝ち越し、クライマックスは息詰まる大接戦となった。

ここから“世紀の勘違い”で試合はさらにもつれていく。残り4・7秒、キャバリアーズはジョージ・ヒル(32)がクレイ・トンプソン(28)からの反則でFTを得て1本目は決めたが、2本目はショート。このリバウンドをJR・スミス(32)がキープした。

ところが何を思ったのか、同点だったにもかかわらずスミスはリングから遠ざかり、ジェームズの指示を受けてあわてて右のコーナーにいたヒルにパスを出したがタイムアップ。勝ち越すためのシュートを放つチャンスがあったにもかかわらず、この“権利”を放棄してしまった。ルー監督は「彼(スミス)は1点勝っていると思ったのだろう」と淡々と語ったが、ファイナルという大舞台では過去に例を見ないボーンヘッド。集中力を欠いたスミスの“勘違い”が試合の流れを変えてしまった。

[紹介元] NBAまとめ! NBAファイナル レブロンの神がかり的な活躍で届きかけた勝利は、JRの大ポカですり抜ける
[affi id=2]

黒田さんの濃い味付け。 セミファイナルではじめて気づいた 小渕さんの(´・ω・`)☝振り付け。 それに黒田さん流のスパイスが加わりました(笑) (´■ω■`)☝(´・ω・`🎸)☝ コブクロ 心ツアー HELLONEWDAY…

ニュータイドツアー、近づいて参りました!楽しみです!!! ツアーファイナルのMotion Blue yokohama、学生の方は学割で半額になります。(電話でご予約をお願い致します。) お近くの方は是非お越しください。 …

初スマブラプレイ日記?当人は、大真面目です。お互い攻撃当たらない場所(上と下)で一生懸命技が出してた。(笑)ファイナルカッターしか出せれなかった奴です。

ツアーファイナルで披露しました新曲です。 これからライブで演奏する機会も増えるかと思いますので、アダムスキーの皆様、予習用としてご査収くださいませ。






1 個のコメント

  • コメントを残す

    このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください