「けものフレンズ」たつき監督がTwitterで降板発表!その理由とは?監督プロフィール・動画のまとめ

 

2期目の制作が決定している大人気TVアニメ「けものフレンズ」。順調かと思われた大人気アニメだったが、ファンに衝撃が走るニュースが飛び込んできた。

アニメ「けものフレンズ」を制作に携わっていたたつき監督が9月25日(月)に自身のTwitterアカウントで降板を発表したのだ。

「突然ですが、けものフレンズのアニメから外れる事になりました。ざっくりカドカワさん方面よりのお達しみたいです。すみません、ぼくもとても残念です」

と、ぼくもとても残念ですとのツイートをしていることから、たつき監督不本意の降板というのが見受けられファンに与えたショックで様々な声が上がり注目が集まっている。

たつき監督がTwitterで降板発表・理由にファンは

出典:たつき監督 Twitter 画像

たつき監督が自身のTwitterアカウントで降板を発表してから3時間余りで24万以上リツイートされ、「たつき監督」はTwitterのワールドトレンド1位となった。

大人気TVアニメ「けものフレンズ」のファンに与えたショックの大きさがリツーイトの数字にも表れている。

「たつき監督のいないけもフレ、マジで虚無リパークじゃん」

「監督はフレンズじゃなかったんだね…」

「絶望した」

「署名するのだ…」

「けものはいるが“のけもの”はいないんじゃなかったのかよ…」

などと、Twitterやネットの掲示板ではたつき監督降板に対する書き込みが多く見られている。

また、ニコニコ動画を運営するドワンゴはKADOKAWAのグループ会社となっている。そのため、たつき監督の不本意な降板がKADOKAWA側の意向というツイート内容に、

「(ニコニコ動画の)プレミアム解約するのだ…」

といったコメントも多く見られている。

たつき監督と「けものフレンズ」

アニメ「けものフレンズ」は、けものフレンズプロジェクトによる「けものフレンズ」を原作とするテレビアニメ作品。

今回不本意な降板をTwitterで発表したたつき監督は、「けものフレンズ」1期でシリーズ構成・脚本・監督を手がけている。

ヒットしたアニメは2期目の制作が決まった場合、監督のスケジュールが合わないなどの監督側の事情がなければ、2期も同じ監督が担当するのが普通といわれいる。

2017年1月~3月までテレビ東京ほかで放送されたアニメ「けものフレンズ」は、3DCGアニメーション作品としてャラクターは3Dで、背景は手描きで制作され大人気アニメとなった。

たつき監督プロフィール

出典:たつき監督 Twitter 画像

たつき監督は、アニメーター・アニメーション演出家・アニメーション監督として活躍中。同人自主制作アニメーションサークル「irodori」代表、ヤオヨロズ所属。

京都府出身のケニア育ち。代表作はアニメ「けものフレンズ」(第1期)、「てさぐれ!部活もの」となっている。

幼少期をケニアですごしたたつき監督は、日本に帰国した後に京都の美術系の大学に進学し、サンライズでCGアニメーションの制作を担当。

大学生時代にはアニメ自主制作を思いつき、当時大学の同期であった伊佐佳久、白水優子と共に自主制作アニメーションサークル「irodori」を立ち上げた。

サンライズを離れてフリーとなったあと、「irodori」の自主制作をきっかけにプロデューサーの福原慶匡が声をかけ、ヤオヨロズでの制作・立ち上げに関わることに。

たつき監督がアニメ「けものフレンズ」降板についてつぶやいた「カドカワ方面よりのお達し」で1期の熱烈なファンが2期の強烈なアンチになってしまう可能性も生まれている。

irodori 公式サイト

アニメ「けものフレンズ」動画

アニメ「けものフレンズ」 公式サイト 動画一覧