スポンサーリンク

吉田羊・主演の日本版「コールドケース」キャストが決定!放送日・あらすじ

女優の吉田羊主演で話題となっている、米国の大ヒットドラマシリーズをリメイクのWOWOW開局25周年記念ドラマ第2弾『連続ドラマW コールドケース~真実の扉~』のキャストが発表された。

『連続ドラマW コールドケース~真実の扉~』のキャストには永山絢斗、滝藤賢一、光石研、そして三浦友和の4人がレギュラー出演すると発表。

吉田羊が主演で演じる神奈川県警捜査一課・警部、石川百合とともに未解決事件に挑む個性あふれる魅力的な刑事を永山絢斗、滝藤賢一、光石研、三浦友和というキャストが熱演。

放送開始日は10月22日、毎週土曜午後10時より、全10話放送される(第1話のみ無料放送)。

スポンサーリンク

『連続ドラマW コールドケース~真実の扉~』キャスト

CoJ8jABUsAAPmK6出典:twitter画像

永山絢斗が演じるのは野心家で生意気な31歳の巡査部長の高木信次郎。異動直後は未解決事件に携わることにネガティブだったが、吉田羊演じる百合と共に事件に触れていくうち、考え方を改める。

滝藤賢一が演じるのは、吉田羊演じる百合の同僚で警部補の立川大輔。真っ直ぐな性格だが、短気な一面もあり、妻に愛想を尽かされ、現在は別居生活を送っているという設定。

光石研が演じるのは、長年の交番勤務経験から土地勘が武器の警部補・金子徹あだ名は「ねこさん」。冷静沈着で豊富な捜査経験と知見で事件を分析し、チームの支えに。

そして、吉田羊演じる百合たちのチームを束ねる指揮官で頼れるボス・本木秀俊を演じるのが三浦友和。本木の階級は警視で、「課長代理」という役職柄、百合たちから「代理」と呼ばれる。

『連続ドラマW コールドケース~真実の扉~』あらすじ

オリジナル版の米国の大ヒットドラマシリーズ『コールドケース』の舞台はフィラデルフィア。

未解決の殺人事件(通称「コールドケース」)を解決する捜査チームを描いていく『コールドケース』は、事件が起きた当時のヒット曲を劇中で使用する演出手法が視聴者から高い支持を得て、大ヒット。

今回リメイクされた日本版では舞台を神奈川県に移し、主人公の刑事とそのチームのメンバーが、毎話異なる未解決事件「コールドケース」の真相をたどり、事件を解決していく。

オリジナル版の米国の大ヒットドラマシリーズ『コールドケース』は、2003年から10年まで、全7シーズンにわたって米CBSで放送されていた刑事ドラマシリーズ。

WOWOW開局25周年記念ドラマ第2弾『連続ドラマW コールドケース~真実の扉~』放送開始日は10月22日、毎週土曜午後10時より、全10話放送される(第1話のみ無料放送)。