スポンサーリンク

『情熱大陸』で密着!漫画「キングダム」壮大かつ緻密なストーリーの舞台魅力に迫る

スポンサーリンク

『情熱大陸』で漫画「キングダム」の創作に密着!

10月30日(日)に放送された『情熱大陸』(MBS/TBS系ネット、毎週日曜23:00~)では、漫画家の原泰久氏に密着。

漫画家の原泰久氏と言えば、壮大かつ緻密なストーリーで大人気の漫画「キングダム」の作者。

10月30日(日)に放送された『情熱大陸』では、大人気漫画「キングダム」の創作の舞台裏に迫った。

『情熱大陸』で密着大人気漫画「キングダム」

9784088905129 楽天市場 キングダム (1-44巻 最新刊) 全巻セット
Amazon キングダム (1-44巻 最新刊) 全巻セット

大人気漫画「キングダム」は、男性向け漫画雑誌として国内発行部数No.1を誇る「週刊ヤングジャンプ」で、10年もの長きにわたり連載されている歴史漫画。

単行本販売部数は累計2600万部を突破し、昨年の青年コミック売上1位に輝いた漫画「キングダム」。

第17回手塚治虫文化賞受賞、お笑い芸人やスポーツ選手など著名人の間にも熱烈なファンが多いことで知られる大人気作品。

大人気漫画「キングダム」のあらすじ

紀元前。500年の争乱が続く春秋戦国時代、中国西方の国・秦の片田舎に「信(しん)」と「漂(ひょう)」の戦災孤児がいた。

下僕の身分ではありながら、「武功により天下の大将軍になる」という夢を心に抱き、剣の修行に日々明け暮れていた。

やがて、大臣である昌文君に見出されて1人仕官した漂だが、ある夜、残された信の元へ深手を負って戻って来る。

息絶えた漂から託された信が辿り着いた目的地には、漂と瓜二つの少年がいた。その少年こそ秦国・第31代目の王である政(せい)であった。

漂が命を落とす原因となった政に怒りをぶつける信だったが、自らに託された漂の思いと自らの夢のために、「王弟の反乱」そして乱世の天下に身を投じる。

漫画「キングダム」の魅力に『情熱大陸』で迫る

漫画「キングダム」の物語の舞台は、2300年前の中国・春秋戦国時代。大将軍を目指す貧しい少年と後の始皇帝となる秦国の若き王の成長と友情の物語だ。

若者たちが“天下統一”へ向けて駆け上がっていく熱すぎる人間ドラマや、緻密な軍略の駆け引きが、中国の歴史書「史記」を元に描かれている漫画「キングダム」。

実は漫画「キングダム」の作者である原泰久氏は、サラリーマンを経て30歳で漫画家になった。原泰久氏は「キングダム」連載開始にあたり、編集者から

「これまで誰にも描かれていない中国の春秋時代をテーマにしても、読者の関心を集められないのでは?」

と反対されていたそうが、

「真っ白い雪の上に一歩踏み出したい」

という強い思いで突き進んだ。その結果が、若者だけでなく大人も注目するメガヒットとなった。

『情熱大陸』では、悪戦苦闘する原泰久氏の5ヶ月間に密着。

毎週18ページの連載を仕上げるため、“不眠不休”で原稿を書き続け、〆切の合間を縫って博物館に足を運び情報収集。

壮大なスケールの物語で、読者の心を鷲掴みにし続ける超人気漫画家となった原泰久氏の「一度読めば必ず虜になる」漫画「キングダム」快進撃に注目したい。